このブログについて

ロック系の英文インタビューを紹介しています。個人的なブログです。

  • 全訳や逐語訳ではありません。
  • コメントやリクエストなどは Twitter で @rocqt まで頂ければと思います。

自己紹介に代えて、「無人島に持って行く10枚」:

  1. Jeff Beck - Live at Ronnie Scott's (DVD) (2008) ( → "Cause We've Ended As Lovers" )
  2. King Crimson - Larks' Tongues in Aspic (1973) ( → "Larks' Tongues in Aspic, Part I" )
  3. David Bowie - Low (1977) ( → "Sound and Vision" )
  4. The Police - Live! (1995) ( → "Synchronicity I" )
  5. The Who - Quadrophenia (1973) ( → "The Real Me" )
  6. Julio Barreto - Iyabo (1999) ( → "Latineo" )
  7. Bozzio Levin Stevens - Black Light Syndrome (1997) ( → "Book of Hours" )
  8. Tangerine Dream - Phaedra (1974) ( → "Phaedra" )
  9. Traffic - On the Road (1973) ( → "Shoot Out at the Fantasy Factory" )
  10. The Pentangle - The Pentangle (1968) ( → "Let No Man Steal Your Thyme" )

管理人へのメールは下記まで。

staffのrocqt.net

ブログ制作は Pelican SSG、ブログ内検索は Google Custom Search Engine のお世話になっています。