ロバート・フリップ、アンディ・サマーズと語る (7/16)

18 December 2013  |  Tags: Robert Fripp, Andy Summers, The Police

1984年、フリップとサマーズがアルバム「Bewitched」をリリースした時のラジオ番組を、ファンが録音してて、後から口述筆記 (テープ起こし) したものだそうだ。普通のインタビュー記事と違って、後から言葉を整理・編集したりしてないので、ある意味 (笑)、生々しい。すごくリラックスした雰囲気。

→ Elephant Talk | Interview with Robert Fripp and Andy Summers on WHFS 99.1 in Annapolis/Baltimore


二人のコラボレーションからお互いが影響を受けて、ロバートは流動的な曲が、アンディは変拍子の曲が増えてきたように思います。例えば、ザ・ポリスの「Mother」とか、ロバートとのコラボレーションから出てきたって言っていいですか。

  • サマーズ:そうだね。あれは内輪ネタなんだけど、ロバートが気を悪くしないといいな。

  • フリップ:全然。

  • サマーズ:よかった。あのリフは7/4拍子で、フリッピッシュっていうか、フリッペスクっていうか。

  • フリップ:フリッピアン。

  • サマーズ:それだ。特にソロの部分は、7/4拍子で、コードがどんどん変わってくんで、ものすごく難しかったんだよ。頑張ったんだけど、結局は、ロバートの、えっと、何だったかな、あのソロの真似になっちゃったんだ。

  • フリップ:「Another Green World」かな。

  • サマーズ:「Another Green World」だ。「On Fire Island」だっけ。

  • フリップ:イーノの付けるタイトルって、いつもまごつかされるんだよ。

  • サマーズ:ロバートが何年か前にブライアン・イーノと録音した曲なんだ。あのソロは大好きだ。

  • フリップ:アイランドのNo.2スタジオで、真夜中を過ぎてた。レット・デイヴィスがエンジニアだったな。もうシャーボーン (ドーセット地方の町) に行かなきゃって時だった。その時に出来たんだ。

  • サマーズ:それが気に入って、私のソロでも拝借したんだ。判ってる人が我々の2枚を聴けば、ちょっとばかりジョークが混じってるのが判るだろうね。


2013/12/18

(追記) Twitterで celsius220 さんからもご指摘を頂いたけど、ブライアン・イーノのアルバム「Another Green World」に入ってる正しい曲名は「Over Fire Island」だし、色々と記憶違いがある感じ。ありがとうございます。

→ Twitter | celsius220 (2013/12/26)

« 始め続く ›



最近の記事

人気の記事