ロバート・フリップ、「キング・クリムゾンの掟」を語る

08 September 2014  |  Tags: Robert Fripp, King Crimson

今回は小ネタ。例のフリップの日記に、2014年8月25日、こんなことが書いてあった。

→ Robert Fripp's Diary - Monday, 25th August 2014, 22:40


キング・クリムゾンの掟 (King Crimson Principles)

  • キング・クリムゾンが、自分自身も含めて、皆に喜びをもたらすように。
  • 演奏したくない箇所があっても結構。誰かに任せろ。それだけの面子はいる。
  • いつ作った曲であれ、どれも新曲だ。
  • どの音を出せばいいか判らなかったら、とりあえず C# だ。
  • 何拍子でやればいいか判らなかったら、とりあえず5拍子、または7拍子だ。
  • どの楽器を使えばいいか判らなかったら、とりあえず機材を追加しろ。
  • それでも何を演奏すればいいか判らなかったら、何もするな。

9月9日からの米国ツアーに先立って、幾つか情報が公開され始めてる。とっくにご存知の人も多いだろうけど。ちなみに、45年前 (1969年) の8月31日の朝8:30、デビューアルバムの録音が完了したんだそうな。最後に収録したのは、「21st Century Schizoid Man」のギター・ソロとのこと。

トニー・レヴィンのサイトにも、多くの写真が掲げてある。

Facebook:

(追記) 2014/9/11 に追加情報あり。



関連の記事

最近の記事

人気の記事