パトリック・オハーン、フランク・ザッパなどを語る (1)

02 August 2018  |  Tags: Patrick O'Hearn, Frank Zappa, Terry Bozzio

「Frank Talk: The Inside Stories of Zappa's Other People」って本を書いた Andrew Greenaway って人がやってるザッパのファン・サイト「Idiot Bastard」に掲載されたもの。2018年2月のインタビューとのこと。

→ Idiot Bastard | Interview with Patrick O'Hearn, 05.02.18


ボジオは、「The Ocean is the Ultimate Solution」のセッションが実際にはあなたのオーディションだった、と言ってましたが、どんな様子でしたか。

  • サックスのジョー・ヘンダーソンとのツアーで、ロサンゼルスのクラブに出演してた時だった。テリーが、フランクと作業してるスタジオに招いてくれた。だいたい夜6時から朝6時くらいまでやってたようだ。それで、ある晩、ジョーとの最後のステージが終わった後、訪ねてったんだ。アップライトベースも、真夜中に道端に停めた車に放置したくなくて、引きずってった。そして、スタジオの休憩室に運び込もうとしたら、たまたまテリーとフランクが、そこで立ったままコーヒーを飲んでた。

  • テリーが私を紹介すると、フランクが「今ちょうど作業してる曲でアップライトベースを弾いてみる気はないか」って聞いてきた。私は舞い上がってしまって、スタジオに連れてってもらった。エンジニアがマイクをセッティングしてくれて、すぐさまテープが回り出したんで、即興で弾き始めた。すごく面白い曲だった。テンポも変わるし、キーも変わるし、拍子も変わるし、変にどんどん変わっていく。それまで演奏してた音楽とは全く違ってて、心底、楽しかった。

  • フランクは出来栄えが気に入ってくれたようで、今度は「エレクトリックベースは弾くか」って聞いてきた。「弾きますけど、今は持ってきてません」って答えたら、「明日またクラブが終わってから、持ってきてくれるか」って言うんで、私は「今の曲をカセットテープに入れて頂けませんか」って頼んだ。それを聴いて、夜中じゅうずっと、そして明るくなってからもしばらく、譜面を起こして、曲を勉強した。

  • 次の晩、今度はエレクトリックベースでレコーディングした。フランクは、テリーとコントロールルームから出てきて、「仕事が欲しいかな?」って聞くんで、ちょうどジョーとのツアーが終わるところで、その先の予定が何もなかったので、「はい」って答えた。そうしたら、フランクは握手してきて、「おめでとう。きみを雇うことにした。今すぐにだ」。

  • 幸運だったし、滅多にない機会だったってことだね。


ちなみに、これは1976年、本人が21歳の時の話。スティーヴ・ヴァイやエディ・ジョブスンのオーディションに比べて、ずいぶん普通 (笑)。

ボジオ、オハーン、ククルロの3人が今年トリオを組むって話は、ボジオもインタビューで言ってて、毎年ドイツでやってる「Zappanale」っていうザッパ追悼イベントで、この7月21日に一晩限りのライブをやったんだそうだ。

→ Zappanale

スリーショット (ボジオ、人間が一回り大きくなったか)
→ Facebook | Terry Bozzio Official, July 19
(追記 2018/8/7:なぜか Instagram から削除されてたので、Facebook の同じ写真で差し替え)

オーディエンス映像
→ YouTube | Bozzio-O'Hearn-Cuccurullo Power Trio - Canarsie / Man with the Woman Head (Live on Zappanale 2018)
→ YouTube | Bozzio-O'Hearn-Cuccurullo Power Trio - Filthy Habits (Live on Zappanale 2018)

これがセットリストらしいんだけど、ほんとに、こんな3時間以上もやったのかな。すごいな。

  1. First Check
  2. Introduction by Wolfhard Kutz
  3. Introduction by Michael Käckenmeister
  4. Introduction by Jim Cohen
  5. Introduction by Warren Cuccurullo
  6. Opening Track
  7. The Purple Lagoon
  8. I'm So Cute
  9. Transylvania Boogie
  10. Introduction to Canarsie
  11. Man with The Canarsie Woman Head
  12. Zoot Allures
  13. Fixing Terry's Broken Base Drum Head
  14. The Greek Costume Change Flashback
  15. Terry's Drum Solo
  16. Co-Training
  17. In France
  18. Chatter
  19. Tryin' to Grow a Chin
  20. Introduction to Pat's Changes
  21. Pat's Changes
  22. Chatter
  23. Pound for a Brown on the Bus
  24. Black Napkins
  25. Introduction to the Black Page Drum Solo #1
  26. The Black Page Drum Solo #1
  27. Filthy Habits
  28. Chatter
  29. Unknown Track
  30. Twenty-One
  31. Chatter
  32. On Vacation
  33. Treacherous Cretins
  34. Back in 1981
  35. Chatter
  36. Unknown Track
  37. Unknown Track
  38. Sam with the Showing Scalp Flat Top
  39. Crew Slut
  40. Flower Punk
  41. Baby Snakes
  42. Willie the Pimp
  43. Muffin Man
  44. Closing Words by Jim Cohen
  45. Closing Words by Radio Moderator

Total time: 192.58 min

続く ›



関連の記事

最近の記事

人気の記事