デイヴ・グロール、ジミー・ペイジ&ロバート・プラントと語る (2)

17 January 2018  |  Tags: Dave Grohl, Robert Plant, Jimmy Page

デイヴ・グロールのブログ「Grohl's Poor Brain」(笑) にアーカイブされている記事より。雑誌「Ray Gun」の企画で、グロールがペイジとプラントの二人にインタビューしたもの。いつの記事か書いてないが、ペイジ&プラントの2枚めのアルバム「Walking into Clarksdale」 (1998) の直後なのは間違いない。

Grohl's Poor Brain | Page + Plant + Grohl - Ray Gun


デイヴ:ローリング・ストーンズのモービル・スタジオを使ったんですよね。

  • ジミー:そうだ。

デイヴ:売りに出てましたよ。

  • ロバート:本当か?

デイヴ:75,000ポンドくらいでした (当時のレートは判らないが、今のレートでは約1130万円)。

  • ロバート:お買い得だな。

デイヴ:ほとんど買いそうになっちゃいました。家の裏にスタジオが置いてあるなんて、理想的じゃないですか。

  • ジミー:「Houses of the Holy」でも使わなかったか? ミック・ジャガーの家 (というか城) で。奴はいなかったけど。ってか、そもそも、いたことないんじゃないか?(笑)

  • ロバート:音はいいよな。「D'yer Mak'er」なんか、素晴らしい。

  • ジミー:「The Rover」もだ。

  • ロバート:忘れてた。あれは大した曲だ。あんなのがやれたんだな。

デイヴ:ところで、ブルースについて教えて下さい。若かった頃は...

  • ジミー:(ブルースなんて) とっくに終わってただろ。

デイヴ:...パンクにはまっててですね。ワシントンDCでローカルなハードコア・バンドに入って、イギリスのパンクをやってたんです。自分にとっては、パンクって逃避で、反抗で、一種の夢だったな、と。金曜の夜8時になると、出てって、ステージの前で喧嘩して、そして家に帰ってくる。なので、ブルースはどうだったんだろう、ってのが気になるんです。圧倒的な影響を受けてますよね。反抗だったんですか? 逃避だったんですか? ブルースの何が気に入ったんですか?

  • ロバート:そうだな。政治的な意味はなかったな。きみが若かった頃は、政治的な主張が主だっただろ。それまでの音楽を (パンクで) 否定するのが、すごく大きなうねりだった。誰もが金持ちになりすぎたせいかも知れない。俺たちが音楽を始めた頃は、全く違ってて、否も応もなかった。エルヴィス (プレスリー) ただ一人しかいなかったんだから。

« 始め続く ›



最近の記事

人気の記事