フランク・ザッパ、スティーヴ・ヴァイを語る

14 August 2017  |  Tags: Frank Zappa, Steve Vai

「Guitar World」誌の1982年3月号の記事がウェブに転載されたものから。それまで長い間、ザッパは (TV以外の) インタビューをボイコットしていたのが、この雑誌は良いアルバム・レビューを書いたってことで、唯一インタビューを許されたらしい。

→ Guitar World | Frank Zappa Talks Gear, Praises Steve Vai in His First Guitar World Interview from 1982


  • スティーヴと演奏するのは、気持ちがいい。彼の演奏が大好きだ。本当に素晴らしいギタリストだと思う。ギターで何でも弾ける。私は弾かないようなのまで弾ける。つるしの (カスタムやビンテージじゃない) ストラトでも、ノイズまで使いこなす。ヴァン・ヘイレンなんか夢であこがれるしかないような演奏まで、何でもやれる。おまけに、譜面も読めるし。彼と私は互いに補い合う関係なんだろうと思う。彼と演奏するのは、本当に楽しい。ただの「Mongolian string-bender」(♦) じゃないし、音楽の教育を徹底的に受けてる。彼と仕事するのが大好きなんだ。

  • 彼が自分の理想を実現してくれるギタリストだってことは、彼が送ってきたカセットを聴いた最初の時から判っていた。知性があふれてたし、ロックスターになることじゃなくて音楽そのものに興味があるってのが、伝わってきた。そういうのが気に入ってたんだ。


この記事はぜひとも、下の関連の記事「スティーヴ・ヴァイ、フランク・ザッパを語る」とあわせて読んで頂きたい。

(♦) 「モンゴルのチョーキング野郎」? 何のことか、まるで判らない。ザッパに詳しい人、教えて。



関連の記事

最近の記事

人気の記事