デイヴ・グロール、ジミー・ペイジ&ロバート・プラントと語る (5)

25 May 2018  |  Tags: Dave Grohl, Robert Plant, Jimmy Page

デイヴ・グロールのブログ「Grohl's Poor Brain」(笑) にアーカイブされている記事より。雑誌「Ray Gun」の企画で、グロールがペイジとプラントの二人にインタビューしたもの。いつの記事か書いてないが、ペイジ&プラントの2枚めのアルバム「Walking into Clarksdale」 (1998) の直後なのは間違いない。

→ Grohl's Poor Brain | Page + Plant + Grohl - Ray Gun


デイヴ:ジミー、ツェッペリンの前には沢山のセッションをこなしてましたが、そこで録音技術を身につけたんですか。

  • ジミー:ちょっとばかりな。ギターを練習しながら、色んな音楽を聴いてた。サン・レコードのサム・フィリップス (アメリカの1950年代のプロデューサーでサンの創設者) とか。リッキー・ネルソンのアルバムで聴けるジェイムズ・バートンのソロなんか、前半はリバーブなしで、後半はリバーブがかけてあるんだ。そういうのに、すごく意識を集中してた。

  • 1960年代には、日に3つくらい、全く別々のセッションを掛け持ちしてた。日曜以外、毎日だ。ジョー・ミーク (イギリスのプロデューサー) と仕事できたのが、誇りだったし楽しみだったな。とにかくリミッターなんだ。それも、彼の家で録音するんだよ。風呂場でアコースティックなサウンドを録って、それにリミッターをかけたりしてた。アバンギャルドって言っていいな。判るか?

デイヴ:あなた方はロックの基準を作ってくれて、ドラマーは誰もがあの「Zeppelin IV」のサウンドを目指してるんですよ。

  • ロバート:場所を教えようか。

デイヴ:ぜひお願いします。

  • ロバート:ヘッドリィ・グランジだ。以前に、通りかかったことがあったんだ。

デイヴ:小屋か何かですか?

  • ジミー:いや、ビクトリア時代の貧民救済施設だよ。

デイヴ:そこで (ストーンズの) モービル・ユニットを使ったんですか。

  • ジミー:そうだ。そして、彼らのマリファナを残らず吸っちまった。それを彼らはずっと根に持ってる。

  • ロバート:芝生で踊り回ったしな。

  • ジミー:ところで、これって何のインタビューなんだ?

デイヴ:「Ray Gun」って雑誌のです。

  • ロバート:このインタビューで、読者が楽しんでくれるといいけど。

« 始め続く ›



最近の記事

人気の記事