ケヴィン・ゴドレイ、音楽ビデオを語る (4)

18 April 2017  |  Tags: Kevin Godley

元10ccのメンバーで、その後は同じ元メンバーのロル・クレムと組んで1980年代に音楽ビデオ制作で一世を風靡したケヴィン・ゴドレイが、2015年に自伝「Spacecake」をインタラクティブ・ブックとして出版した。そのプロモーションも兼ねて、色んなインタビューに応じてるので、その内からノルウェーの「Blackmoon」サイトの2015年7月の記事より。

→ Blackmoon | Kevin Godley - Spacecake


バンドに向かって「私に作り直させて欲しい」って言いたくなったようなビデオって、何かありますか。

  • あはは、んー、いや、ないな。「こんなのを自分も作りたかったんだ」って思わせるビデオなら、もう山ほどある。けど、「自分のほうがうまく作れたな」ってようなビデオはないよ (笑)。

  • 自分がわしづかみにされたビデオのことを話そうか。最高のビデオの一つだ。MTVがまだ音楽ビデオを流してた頃のことだけど、ある晩遅く、2時くらいだったかな、MTVをつけたらいきなり、がらんとしたホテルのロビーで椅子に座ってるクリストファー・ウォーケンが出てきた。本当にMTVか、確認したよ。そしたら、ピクッと動いたかと思うと、一方に目線を流す。目が離せなくなった。すると、立ち上がって、踊り始める。「こんな素晴らしいビデオ、今まで見たことない」って思った。オーソン・ウェルズがラジオドラマで「宇宙戦争」をやった時、本物のニュースと勘違いした人が続出したのと同じだ。すごいアイデアだし、絶妙な作りだ。

  • そういうビデオが沢山ある。どうすればああいうのが作れるんだろうね。


文中に出てくるウォーケンのビデオは、これ。

→ YouTube | Fatboy Slim - Weapon of Choice

それから、「宇宙戦争」のラジオドラマってのは、これのこと。

→ Wikipedia | 宇宙戦争 (ラジオ)

ところで、今度はアラン・ホールズワースまで亡くなってしまったよ。過去の記事を捧げることにしよう。黙祷。

何とも言えない気持ちだ。少し前には経済紙にまでこんな記事が載っちゃうし。

→ The Wall Streeet Journal | ロックの神々の黄昏、その先にあるものは

« 始め続く ›



最近の記事

人気の記事